民法弱い人が本番で点数取れるための方法

 

はいどうも 寺本です。

このページでやってることは?

 

民法1 初心者入門 ド基礎Cクラス

専門用語の意味

なんのための知識?

わかりやすい具体例

民法2 標準Bクラス

問題文の読み方

覚えた数ではなく知識の使い方

民法3 合格推定Aクラス

テキスト書いてることを問題文に走らせるとは?

試験官の要求してる思考回路の改造

 

3レベルに分けて 民法を教えます。

無料です。

Cクラス、Bクラスといわれても わからんだろう、

よし

野球でたとえよう。

 

今のあなたは 高校野球レベル、独立リーグレベルだろう(Cクラス)

まずは

プロ野球の3軍、2軍に入ることを目指す。(Bクラス)

Bクラスまでいけりゃ

たいがいの資格試験の民法は 点数が取れる。

もちろん、

資格試験の名前によっては

1軍レベルになってもらわなきゃ本試験本番で点数取れないシロモノもある。

だが、

それは個別で過去問を題材に見ていくまでだ。

 

 

大丈夫。心配するな。

あなたが

今日 本屋で本を買ったばかりの完全ドシロウトでも

10代の頃はスポーツばかりやってた筋肉バカでも

4.5回落ちてるベテランであろうが

資格予備校に煽られて 通学講座に通ったが ついていけず途中でやめた体験があろうとも

ネットの通信講座に金払って 大量の15冊教材、DVDが届き、

ほとんどサラのまま資格合格を諦めてしまった

嫌な思い出がトラウマになってようとも

 

現役最強の裏プロとうたわれる私の言ってることを素直に受け入れ実行できれば

本番で民法の点数とれるようになります。

なぜなら

資格試験の名前に限らず

「民法が点数取れて 他の科目は点数とれない・・」

そんな現象は絶対にありえないからだ。

そもそも あなたが 何の資格がほしいか?

そこで迷ってるとすれば

民法が入ってない資格なんか要らない。

なんで?

何の役にも立たないから。

応用利かない、つぶしがきかないからだ。

 

資格試験合格以前の話だ。

あなたの身内、恋人、地元のツレ、会社の同僚、仕事上の顧客に向かって

彼らに役に立つ、喜ばれる会話がしたい・・

そんな望みを持つのであれば

法律の中で民法を勉強することだ。

 

資格試験別 過去問の解説

 

・マンション管理士

・管理業務主任者

・宅建士

・行政書士

・公務員

・司法書士

・司法試験 予備試験

・土地家屋調査士

・不動産鑑定士

 

本番で見せられる民法問題の難易度は

それぞれ違う。

だから

資格試験別で 過去問を解説していく。

 

レベル別の民法記事は

あなたの進捗度合いに合わせて読めばいい。

そして

あなたが今ほしいと思ってる資格試験の過去問解説を見ればいい。

そうゆうことだ。

 

どこまで教えてくれる?

 

・市販の安っぽい本に書いてないこと

・予備校講師に金払っても教えてくれないこと

・24時間寝てなかっても点数とれる方法

 

そうゆうことをネットで全部教えます・・・

 

と、

言いたいところだが

私の民法の本をネット販売する予定だから

それも見てくださいね。

 

 

だが・・・・・

 

2018年現在は スマホ中心 ネット中心のライフスタイルだ。

 

そもそも パソコンを毎日みてる人なんか

私のような IT ネットビジネス業界で仕事してる連中しかいない。

ホームページの仕組み、ネットビジネスの仕組み・・

 

そんなマニアックな話を聞きたい連中は そうはいない。

そのテの会話をひとこと ここで私が口にするだけでも

あなたの気分は悪くなり、猫のように このページから逃げるだろう。

 

私のスマホ通信講座に参加してる全国の受験生の方々を例にとっても

パソコンを家で使ってる人は

10人中2人くらいだ。

 

それでいいのだ。

 

今 あなたの手元にあるスマホを扱いきる。

扱いきろうとすること。

今日から それがすべてだと考えればいい。

 

スマホとネットさえあれば

あなたの人生に いくらでもステキなサムシングが訪れる。

その奇跡を私が あなたの欲する資格試験で実現しようじゃないか。

 

具体的には?

 

私が解説記事を書けば 金になる。

私がしゃべれば金になる。

 

「ふざけるな」

「どんだけエライんだ」

そんな イチャモンの声が 大阪まで聞こえてきそうだが

呼吸を整えてくれ

落ち着いてくれ

さいごまで聞いてほしい。

 

あなたが困ってることは

テキスト、過去問、問題集・・

合格不合格・・

それ以前の問題なはずだ

 

・職場で本を開く

・喫茶店で本を開く

・電車通勤でかばんに大量の本が入ってる

・電車通勤で 電車の中で 本を取り出す

・仕事中 外回りで 公園があればベンチに座って 本を取り出す

・車通勤で 止まって 本を取り出す

・寝る前に ベッドで横になって 本を読む

 

全部 実践上難しい

なぜなら

本を手にとって 漢字、長文を読むまでのプロセスがしんどい

「本を手にとって」のレベルがしんどいからだ。

 

シロウト時代に 知識を身につける手段で何よりも大事なことは

 

・接触頻度

・狭い、小さい、すぐ終わること。

 

これに尽きる。

 

[だから何が言いたいのか?]

 

難しい話はとっぱらって

 

1 漢字や用語の 1意味 2なんのため? 3具体例をネットで毎日読める

2 プリントを持ち歩く

3 一発3分の動画をスマホでイヤホンつけて見る

 

これならできるでしょ?って話。

 

このうちのいくつかの情報の中には

初心者用、入門用、

ド基礎からやりなおし、

 

そうゆう 合格レベル、合格スキルを作り上げる情報の前提、

Cクラスの情報がある。

それを ここで全部提供していくつもりだ。

 

そう、

あなたが持ってるスマホさえあれば

24時間 いつでも私の情報にアクセス可能、

 

「スマホで以心伝心 寺本考志」

そうゆうことだ。

 

俺は 資格受験生あっての俺だと思ってる。

私は 法律や資格に関係してる仕事をしてない。

ぜんぜん関係のない仕事だ。

だが、

全国の資格受験生のみなさんには

私の教材を購入していただいたり、

私のスマホ通信講座に参加してもらったり、

これまで たくさんの方々と出会いました。

 

このネットを通じて資格受験生のみんなと出会って

学ばせてもらった 一番大事なことは

うまく立ち回るための方法論を徹底的に教えることではない、

相手の話を聞く、やりとりするってことです。

 

資格の業者の人間にはわからない、予備校講師にはわからない、

本やネットには決して出てこないノウハウを学ばせてもらいました。

 

今日は最後にひとこと。

私の人生哲学の頂点にあるもの、

それは

「てめえ一人だけのためにやってることは そのすべてが誤ち」

これ以上大事なことはこの世にはないのだ。

 

資格試験の勉強なんて その典型

一人の殻に閉じこもり、

一人でやりこんだ瞬間

近い未来に絶望が待ってるだけなのだ。

 

もう一度言おう

うまく立ち回るための方法論を ありとあらゆるシロモノを俺は提供してきた、

1000人以上、

個別に、

言葉を変えて変えて 相手に届くよう届くよう・・

 

だが、

今のあなたに必要なのは

うまく立ち回るための方法論ではなく 話を聞いてもらうことなのだ。

話を聞いてもらう相手を見つけることなのだ。

それだけで 出したい結果が出ると断言しよう。

 

「てめえ一人だけのためにやってることは そのすべてが誤ち」

ということは?

「誰を知るか?」 「誰とやるか?」

それであなたの人生が決まるということだ。

 

その相手が 俺だと思ってくれたらいいな

それだけ。

 

おしまい

寺本考志




[寺本考志の紹介]

・高卒

・資格スクール講師の面接・人材編成
・資格スクールで1対複数の集団指導

・個別指導
喫茶店、事務所での1対1直接指導
資格試験の自宅出張家庭教師

・会社出張講師
ビジネスセミナー講師
企業研修講師
不動産屋に出張しての宅建試験講座

・全国対応 スマホ通信講座

ーーーーー

法律とか資格に関係ない ネット関係の仕事をやってます。

私は 法律や資格のことしかできないマニアックな人ではありません。

あなたと同じく

「リーマン、OLしながら他のことを築きたい」

そう思い続けてきました。

ですから 私を「業者のエライ人」ではなく

個人的に見ていただきたい。

講座に興味ある人は気軽にメールください。